購入について

irBoard各エディッションの購入先と、違いは下の通りです。

エデッション

irBoard Lite

Icon 60@2x

irBoard

Icon 60@2x

irBoard Player

Icon 60@2x

irBoard Enterprise

Icon 60@2x

購入先
App Storeより入手できます。

App Storeで販売しています。

Volume Purchase Programを通じても販売しますが、Enterprise版の方がお得です。
App Storeで販売しています。

Volume Purchase Programを通じてのみ販売します。

Download on the app store jp 135x40
Download on the app store jp 135x40
Download on the app store jp 135x40
通常価格
(2015/11/1現在)

無料
今すぐお試しください。

118,800円

42,800円

84,800円
まとめ買いができます。
機能の違い
接続
実機との接続が1日に10分間に制限
制限なし
制限なし
制限なし
オートラン (*1)
×
ブラウズモード (*2)
×
エクスポート機能
△ (*3)
CSVファイルインポート
×
×
作画機能 (*4)
×

*1) アプリ起動と同時にプロジェクトを実行する機能です。
*2) 実行のみに制限し、簡単に編集ができなくする機能です。
*3) Lite版は有料版からのデータを利用できません。
*4) iPadでは作画できますが、iPhone / iPod touchでは実行のみで作画はできません。


irBoard Enterpriseの購入について

irBoard EnterpriseはカスタムB2BアプリケーションとしてVolume Purchase Programで提供します。
Volume Purchase Programで購入するにはVolume Purchase Program用のアカウントが必要になります。
購入にはクレジットカードによる購入と発注書での購入ができます。発注書ではApple製品取扱店よりVPP Creditを購入するかたちになります。詳しくはApple製品取扱店に問い合わせて下さい。

Volume Purchase ProgramについてはAppleのサイトをご覧下さい。


このページで扱う項目


Volume Purchase Programについて

Volume Purchase Program(VPP)を利用する事で会社等の組織でiOSアプリを一括購入する事ができます。通常の購入との比較を以下に簡単に説明します。
(配布の仕方については代表的な物を取り上げていて、この他にもいくつか用意されています。)

通常のApp Storeを通じての購入

会社内で、社員Aと社員Bがアプリを利用する場合は、社員A、社員BそれぞれがApp Storeから購入することになります。多くの場合は個人での購入になり会社としての利用にはあまり向いていません。

長所 短所
VPPアカウント不要 会社での決済がしづらい
多くの場合個人で購入
利用者毎にアカウントが必要
Purchase appstore

Volume Purchase Programでの購入

個人所有のiOSデバイスを利用する場合

会社で取得したVolume Purchase Program用アカウントでアプリを一括購入(この場合は社員Aと社員B用に2つになります)します。購入すると引き換えコードが書かれたスプレッドシートをダウンロードできます。引き換えコードを社員A、社員Bに渡します。社員A、社員Bはそのコードを利用してアプリをインストールする事ができます。

長所 短所
会社での決済に向いている VPP用アカウントが必要
個人所有のiOSデバイスが利用できる 利用者毎にアカウントが必要
Purchase vpp 1

会社所有のiOSデバイスを社員に配布する場合

会社で取得したVolume Purchase Program用アカウントでアプリを一括購入(この場合は会社で所有しているiOSデバイス数の2つになります)します。Apple Configuratorを使用し会社が所有するiOSデバイスにインストールする事ができます。Apple ConfiguratorはMac用アプリです。インストールしたiOSデバイスを社員A、社員Bに渡します。

長所 短所
会社での決済に向いている VPP用アカウントが必要
管理者のアカウントのみでアプリをインストールできます Macが必要
会社管理のiOSデバイスに効率的にインストールできる アプリの更新は再度Macに接続する必要がある
アプリ等の利用制限が細かくできる
Purchase vpp 2

購入の大まかな流れ

irBoardを購入する前はLite版にて十分に評価をした上で購入してください。

あなた 伊藤ソフトデザイン
irBoard Liteでの評価
VPPアカウント取得し伝える
アプリ準備
アプリ入手先を連絡
アプリを購入
アプリを配布、インストール

購入を検討している場合

購入を検討している場合は、お問い合わせ下さい。

VPPアカウントの取得について

VPPアカウントの取得はVPPガイドにも書かれていますが、D-U-N-S®Numberを取得する必要があります。日本では東京商工リサーチから取得できます。
アカウントを取得するにはAppleのビジネス向けVolume Purchase Programサイトの"今直ぐ参加する"から申し込めます。
VPPアカウントは購入窓口になるアカウントで、アプリの利用には別アカウントが必要です。

購入について

irBoard各エディッションの購入先と、違いは下の通りです。

エデッション

irBoard Lite

Icon 60@2x

irBoard

Icon 60@2x

irBoard Player

Icon 60@2x

irBoard Enterprise

Icon 60@2x

購入先
App Storeより入手できます。

App Storeで販売しています。

Volume Purchase Programを通じても販売しますが、Enterprise版の方がお得です。
App Storeで販売しています。

Volume Purchase Programを通じてのみ販売します。

Download on the app store jp 135x40
Download on the app store jp 135x40
Download on the app store jp 135x40
通常価格
(2015/11/1現在)

無料
今すぐお試しください。

118,800円

42,800円

84,800円
まとめ買いができます。
機能の違い
接続
実機との接続が1日に10分間に制限
制限なし
制限なし
制限なし
オートラン (*1)
×
ブラウズモード (*2)
×
エクスポート機能
△ (*3)
CSVファイルインポート
×
×
作画機能 (*4)
×

*1) アプリ起動と同時にプロジェクトを実行する機能です。
*2) 実行のみに制限し、簡単に編集ができなくする機能です。
*3) Lite版は有料版からのデータを利用できません。
*4) iPadでは作画できますが、iPhone / iPod touchでは実行のみで作画はできません。


irBoard Enterpriseの購入について

irBoard EnterpriseはカスタムB2BアプリケーションとしてVolume Purchase Programで提供します。
Volume Purchase Programで購入するにはVolume Purchase Program用のアカウントが必要になります。
購入にはクレジットカードによる購入と発注書での購入ができます。発注書ではApple製品取扱店よりVPP Creditを購入するかたちになります。詳しくはApple製品取扱店に問い合わせて下さい。

Volume Purchase ProgramについてはAppleのサイトをご覧下さい。


このページで扱う項目


Volume Purchase Programについて

Volume Purchase Program(VPP)を利用する事で会社等の組織でiOSアプリを一括購入する事ができます。通常の購入との比較を以下に簡単に説明します。
(配布の仕方については代表的な物を取り上げていて、この他にもいくつか用意されています。)

通常のApp Storeを通じての購入

会社内で、社員Aと社員Bがアプリを利用する場合は、社員A、社員BそれぞれがApp Storeから購入することになります。多くの場合は個人での購入になり会社としての利用にはあまり向いていません。

長所 短所
VPPアカウント不要 会社での決済がしづらい
多くの場合個人で購入
利用者毎にアカウントが必要
Purchase appstore

Volume Purchase Programでの購入

個人所有のiOSデバイスを利用する場合

会社で取得したVolume Purchase Program用アカウントでアプリを一括購入(この場合は社員Aと社員B用に2つになります)します。購入すると引き換えコードが書かれたスプレッドシートをダウンロードできます。引き換えコードを社員A、社員Bに渡します。社員A、社員Bはそのコードを利用してアプリをインストールする事ができます。

長所 短所
会社での決済に向いている VPP用アカウントが必要
個人所有のiOSデバイスが利用できる 利用者毎にアカウントが必要
Purchase vpp 1

会社所有のiOSデバイスを社員に配布する場合

会社で取得したVolume Purchase Program用アカウントでアプリを一括購入(この場合は会社で所有しているiOSデバイス数の2つになります)します。Apple Configuratorを使用し会社が所有するiOSデバイスにインストールする事ができます。Apple ConfiguratorはMac用アプリです。インストールしたiOSデバイスを社員A、社員Bに渡します。

長所 短所
会社での決済に向いている VPP用アカウントが必要
管理者のアカウントのみでアプリをインストールできます Macが必要
会社管理のiOSデバイスに効率的にインストールできる アプリの更新は再度Macに接続する必要がある
アプリ等の利用制限が細かくできる
Purchase vpp 2

購入の大まかな流れ

irBoardを購入する前はLite版にて十分に評価をした上で購入してください。

あなた 伊藤ソフトデザイン
irBoard Liteでの評価
VPPアカウント取得し伝える
アプリ準備
アプリ入手先を連絡
アプリを購入
アプリを配布、インストール

購入を検討している場合

購入を検討している場合は、お問い合わせ下さい。

VPPアカウントの取得について

VPPアカウントの取得はVPPガイドにも書かれていますが、D-U-N-S®Numberを取得する必要があります。日本では東京商工リサーチから取得できます。
アカウントを取得するにはAppleのビジネス向けVolume Purchase Programサイトの"今直ぐ参加する"から申し込めます。
VPPアカウントは購入窓口になるアカウントで、アプリの利用には別アカウントが必要です。